yasubeinijyouのブログ

フライフィッシングが好きなやすべいのブログです

趣味について

フライフィッシングは奥深い趣味です。
釣りビジョンの番組で、
ミュージシャンでフライフィッシャーの伊勢正三さん(なごり雪って知ってますか?)
がたくさん釣れなくても一匹で満足と言っていたのが印象に残っています。


魚釣りの目的は、古代の狩猟の時代で食べるため、生きていくため、
だったのが、
現代では、キャッチ&リリース、釣ることのみを楽しんだり、
私なんか、明日釣行するから準備する。とか
釣行当日、友人と早朝待ち合わせてコーヒーを飲みながら
今日はどのポイントに入るとか、、、、
帰ってきて釣り道具の手入れとか、
穴が開きだしたウェーダーをボンドで止水したりとか、、、、
そういうすべての過程がフライフィッシングだと思って、そのすべてが目的で、


とても楽しいです。


めんどくさい釣りだな!と思われる方がほとんどだと思います。
これが仕事だと思うと
ものすごい専門職でニッチな作業をしているわけです。
なので給料に換算したり、自分の職制職能を置き換えると、
主任技術部員というところでしょうか!!



『釣りの過程まで釣り』なんですよね!


穴の開いたウエーダーがネオプレーンなのかゴアテックスなのか
シンサレートなのかで直し方も違ってきますし適合するボンドなんかの
種類も違ってきます。


そんなノウハウが自分の中に財産として蓄積される、、、
そのささやかなうれしさ、
そんなことが自分の趣味の根幹に流れているのだと思います。




フライフィッシングと双璧で今はどちらかというと
アピストという南米原産のドワーフシクリッドを育てるのが趣味で
そちらに趣味のウェートが傾いてますが、


私の趣味の楽しみ基準から


魚を育てることだけの楽しみじゃなく
水槽部屋を作ったり、水槽ラックを作ったり
水槽メンテナンス、水つくり、自分なりの飼育法を
楽しめることが、自分基準じゃないかと思います。




あーそうそう昨シーズンは1度しか行かなかった釣り!
今シーズンまだですが、このブログを書きつつ
今年のイワナ、アマゴちゃんの顔を見に行きたいと、、、
行きたいですね!!




orvis好き

フライフィッシャーならご存知ですね!
1856年に創業されたフライフィッシングギアのブランドです。
ちょっと歴史を紹介ます。

僕とオービスの出会いは高校生の頃
正直高すぎて買えませんでしたが、
釣具店主催のニジマス釣り大会で
綺麗なタイトループで釣っている人を
羨望のまなざしで見ていた、、、
その人がロッドもリールもオービスでした。
その人への敬意と憧れで、
ピニオンリールやフライドレッシングなんかの小物はオービスのロゴのものを
買えたのでなんか宝物のように大切にしていたのを覚えてます。


さてそれからとびに飛んで
前回の記事の通りまずはフライタイイングがしたくて始めた
フライフィッシング(釣らないのにそういってました!)
本格的に始めたのは2004年
その時にマテリアル(毛ばりの羽とか毛とか)それらをそろえるついでに
ひとつづつ買っていったリールたちです。

オービスを持っているだけで上手になったような錯覚をしてました。
その後、ハーディとかウォーターワークスとかループとか
もっと高級志向で数万数十万するフライリールの世界があることを知り
自分としては実用性重視と若かりし頃のあこがれもあって
オービス好きとなりました。


出来たら自分が使う番手ごとに揃えたいと思いましたが
リールだけでは釣れませんもんね!!


これは一番使うバテンキルですDISC3/4でシリーズ最小
私のメインエリアの小渓流で使うには2番3番が一番
ということで普段はこれをつかってます。

そしてスーパーファインCFO1 
もちろんそれに合わせてロッドもオービススーパーファイン#2ですが
これとは別にティムコのオラクルというリールがロッドに相性よくて
使ってます。なのでこのCFOは未使用 観賞用ですかね!


そしてこれはプロガイド・ミッドアーバーリールです。
4番くらいのラインがちょうどいいのですが、
実はこのリールも未使用!


結局あれこれ買っても使ってるのは1、2種類です。


特に#3そして#2
のちにお勧めタックルの記事を書こうと思いますが。
フライフィッツシング教書とかで、
まず。最初に揃えるロッドの番手は?といわれますが、
私は上流の小渓流で使うのが主流なので、
そういう人には#3がお勧めです。


教書とかではビギナーは#4または#5といわれますが、
キャスティングの基本が身について初心者でも投げやすく、
コツをつかみやすいということでそう進められるのだと思います。


自分が管理釣り場や湖沼がメインということでしたら
#3#4そのあたりがお勧めです。
 
#3は多少の風でも負けないキャスト力が身に付きましたが、
さすがに#2では春先の強風では負けてしまうため、
梅雨明けしてからの風が少なく気持ちいい状況になってから出番が来ます。


ロングティペットが主流の日本の渓流フライフィッシング!!
私としては春一番の強風でも操れるシステムが
一番のぞまれるタックルだと思います。




僕のフライの先生

たいそうな内容ですが、
皆さんはフライフィッシングは何となくとっつきにくいな
むつかしいなと思っていることと思いますが、
そんな時まずは本となるわけですよね。
今でこそ釣りビジョンとかDVDとか釣具店に売っていて見る機会ありますし
ネット動画の配信とかで参考になることたくさん出回ってきました。
私の場合は、やっぱり書籍が参考になりました。
タイイングをやってみたいということで、
やり始めたのは実釣は餌釣りで十分だと思って始めたフライフィッシング!


そこが皆さんとちょっと違うかもしれませんね!
毛ばりを作るということでタイイングツールの隣に置いて
読みながらのほうがDVD見ながらとかyoutube見ながらでは
何度も後戻り再生が不便なので、、、


そこでご紹介するのがこの二冊


漆原孝治さんの本です。
フライタイイング教書は
オーソドックスなタイプのフライすべて巻ける手順が
わかります。
フライタイイングって完成フライが雑誌に載っていますが
初心者の場合どういう手順なのかわかりませんよね


今でこそ完成フライを見ただけでどういう手順なのかわかりますが
そういう手順やフライのバランスを再確認するのに参考にしました。


あとフライタイイングの疑問に答える本ではタイイングツールの
使い方について詳しく解説されています。


まあはじめはこの本を見ながらたくさん巻きました。
でも実釣に使うと初心者の頃のは
ドライもすぐ沈んだり、
バランス悪くキャスティング時にくるくる回ってティペットがちじれたり、
着水してのバランスが悪く魚はいるのに一向にヒットしない、、、
なんてことを経験し、
姿かたちは良くても実釣に使えるフライがちゃんと巻けるようになったのは
やっぱり実釣に何回も行ってから経験で身についたものだと思います。


本だけではすべてがわかるわけではありません、
釣り番組や、ネット動画、DVDなんかも参考になりますが、
体にしみこむのはやっぱり実際の経験が必要なんですよね!


せっかく新たに始めたフライフィッシングだけのブログなので
そういう経験談なんか語れればと思います。


フライフィッシングは敷居が高いといわれますがそんなことありません
経験した分だけスキルが向上する楽しい釣りです。
特にサイトフィッシングで見える魚を狙って釣れる醍醐味は
フライフィッシングが最高だと思います。


やってみたいけど、、、という未経験の釣りフアンに
ぜひ一緒にフライやってみませんか!